周辺の放射線量について

今、日常生活の中でとても気掛かりな原発由来の放射性物質。みなさんの身の回りの放射線量はどうなっているのでしょうか?

先日、小林先生がガイガーカウンターを入手されたのでさっそく拝借し、近隣を測定してみました。今回使用したガイガーカウンターはこちら。

ガイガーカウンター

ガイガーカウンター

ガイガーカウンター

ガイガーカウンター

測定第1弾

青葉台駅前・南町田駅前、そして医院のあるこどもの国駅付近で測定しました。

青葉台駅前

神奈川県横浜市青葉区青葉台1丁目 (青葉台駅前): 0.08μSv

南町田駅前

東京都町田市鶴間3丁目 (南町田駅前): 0.08μSv

こどもの国駅付近

横浜市青葉区 こどもの国歯科 (こどもの国駅付近): 0.09μSv

国が定める空間放射線量は年間20mSvとしていますが千葉県野田市などは、年間1mSv以下という厳しい基準で対応されているところもあります。

測定結果は・・3地点ともにその基準値を下回るものでした!ほっとしました!

測定第2弾

たまプラーザ駅

田園都市線たまプラーザ駅 (駅ビル内): 0.07μSv 測定日: 2011/12/27

こどもの国駅前スーパー三和駐車場

横浜市青葉区 (こどもの国駅前スーパー三和駐車場): 0.07μSv 測定日: 2011/12/21

藤沢駅前

藤沢市 (江ノ島電鉄藤沢駅前): 0.08μSv 測定日: 2011/12/17

測定第3弾

中央林間駅前

神奈川県大和市(中央林間駅前): 0.06μSv 測定日: 2012/4/1

二子玉川駅前

東京都世田谷区(二子玉川駅前): 0.06μSv 測定日: 2012/3/29

横浜みなとみらい21地区

横浜みなとみらい21地区(ランドマークタワー側): 0.06μSv 測定日: 2012/3/26

測定第4弾

横浜市港北区

横浜市港北区(IKEA店内): 0.07μSv 測定日: 2012/9/7

横浜市緑区みなみ台

横浜市緑区みなみ台アピタ付近: 0.06μSv 測定日: 2012/9/7

東京都国立市国立駅

東京都国立市国立駅付近ドトールコーヒー2F: 0.07μSv 測定日: 2012/9/6

測定第5弾

東京都町田市鶴間3丁目

東京都町田市鶴間3丁目 (南町田 グランベリーモール): 0.09μSv 測定日: 2014/05/10

参考資料

年間空間放射線量の許容量

現在最も厳しい基準値の目安として、年間1mSv(ミリシーベルト)を超えない量とするものがある。

出典は放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の項目「環境の規制」の1、「一般公衆が生活する事業所境界の外は、3ヶ月で250μSvを超えてはならない。(年間1mSv相当)但し、病室は3ヶ月1.3mSvとする。」を根拠とする。

神奈川県の放射線量と土壌汚染地図

年間1mSvは、1時間あたりに換算すると平均0.114μSv(マイクロシーベルト:ミリシーベルトの千分の1)となる。

文部科学省作成の放射能汚染マップによると、神奈川県全域において空間放射線量の値は、1時間あたり0.1μSv以下の地域が大半となっている。これは、年間に換算すると約0.8mSvとなり、年間1mSvの許容量の範囲内となり安全といえる。

Top

TOP