Q & A Menu

Q & Aの一覧です。該当するジャンルをお選びください。

総入れ歯 / フルデンチャー

入れ歯の種類にはどんなものがありますか?

いろいろな種類があります。本体が樹脂(レジン等)だけのものと、一部金属を使ったものに分けられます。また、スーパーデンチャーと呼ばれ、柔らかく口腔との密着性が高いものもあります。歯科医と相談して、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

入れ歯は目立ちますか?

多少は義歯とわかる面もありますが、まったく目立たなくする方法もあります。

入れ歯の調整はどれくらいの期間で行えば良いでしょうか?

入れ歯の材質である「レジン」は吸水性があるため、食物の水分や唾液が吸収され、いやな匂いがつきます。対処法として、よくブラシで磨く。または、歯洗浄剤を使用することが基本です。その他、最近では「ポリカーボネート」というレジンよりも吸水性の低い樹脂を使用し、口臭を抑えることも出来ます。

使っている入れ歯が合わなくなったら?

まず歯科医に相談して診てもらいましょう。ピッタリ合うまで各部分を調整してくれます。

現在使用中の入れ歯よりも噛みやすい入れ歯にしたいのですが。

金属歯 (オクルーザルメタル) を使って、もっと噛みやすい入れ歯にする事が可能です。歯科医に相談してみましょう。

入れ歯を長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょう?

定期的に検診を受けることが長持ちの秘訣です。寝るときは取り外し、水の中に入れて保存して下さい。また、入れ歯は高温に弱いので、お風呂は大丈夫ですが、サウナに入るときは取り外した方が良いでしょう。

入れ歯はどれくらい費用のかかるものなのですか?

種類によって異なります。詳しくは歯科医にご相談ください。

入れ歯を使用する上で、心掛けることがあれば教えてください。

うまく使いこなすには努力が必要です。柔らかいものから少しずつ慣らしていき、痛いところがでたら我慢せずに歯科医で調整してもらいましょう。次第に入れ歯がピッタリと合ってくれば、入れ歯はからだの一部になって、話もうまく出来るようになり、快適な生活を送ることが出来るでしょう。また、取り外しは必ず両手で行うことも大切なことです。

Top

TOP